夢から現実へ

2020年02月24日
2
ふじっこ

今日は朝から洗濯三昧。
天気が良くて風もそこそこ吹いているのでさっさと乾くでしょう。
干し終わって食材の買い出しに行ってセルフレジでピコピコやっていると
店員さんがカゴを回収しに来てくれたのでお礼を言いました。


そしたら横から「女の人だ」という母子の声。
まぁ、毎度髪を切った後は確実に言われることなので何とも思いませんが
今回は例外の言葉が付きました。
娘さんが「カッコいい」と


もうその言葉だけで大満足よ!
生まれてから死ぬまで女性向けの褒め言葉なんて触れることがないから
カッコいいで十分っす。
一瞬会っただけの人に言われたのがとても嬉しい。



やっぱり

一応マスクがピンクだけど性別は分からんかぁ。


そして、昨日長刀の友からバレンタインをもらいました。
そこに一緒に入っていたのは・・・



バレンタインとお守り

お守り。これをもらったタイミングに驚き!


年末の騒動の時体中の検査をしました。
その時あまりにも意外な結果を知ることになって
その原因であろうものをどうするか悩む羽目に。


血液検査の結果を見た先生が「貧血?気分が悪かったりフラフラしたりしない?」と。
そう言われても風邪をひいてもそういう症状はあるし・・・
そもそも私から「貧血」を想像できるのは自分も含めこの世にいないと思うので
「貧血から来てる不調かも」と思うはずがないんです。


しかも何年も前から健康診断で「要検査」と言われていた項目が
まさに貧血を指すものだったと今年の年明けに知りました(笑)
酷い数値ではなかったので様子見程度で済んでいたけど
今回は倒れたからオンステージすることに。


それでその原因であろうものも先生にバレてしまい
「なに?これ!!知ってたの?」って。
頭とは関係ないので黙ってたんですけどね。


そちらの先生の見解を聞かれ答えたものの「僕は違うと思う。マズいでしょ?」と。
切ったり縫ったりすることが体にどれだけのダメージを与えるか
私はよく理解したので正直もう絶対嫌だ。
そのせいで何かあっても仕方がないと思ってました。


なので日々の生活で努力できることはする。
でもそれ以外の手段は選択しない。
頭の事で必死に治療をしてくれた先生達にも
心配を掛けたり励ましてくれたり支えになってくれている周りの人達に対しても
とんでもない不義理な事をしていると思います。


それでも毎日精いっぱい生きれればそれでいいじゃないかと。
もう少し若ければね間違いなくキッパリと違う答えをすぐに出したと思います。
そんな感じで心のどこかに何か引っかかったような日々を過ごしていたら
上のお守りがバシッと入っていたんですね。


長刀でスネに一発入れられた感じでしょうか(笑)
あまりのタイミングと刺し方にビックリしました。
これを持っていたら何もしなくても全て消えてなくなるということにはならんでしょうね。



ふじっこ
Posted by ふじっこ

Comment 2

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/02/26 (Wed) 16:07
ふじっこ

ふじっこ

鍵コメさんへ

ありがとうございますe-446e-446e-446素直に嬉しい。
ご推察の通りで「正解」です。
去年の夏に調子を崩した時に別件の検査をしていて検査技師の方がすごく驚かれたので
きっと今回も検査をする人が驚くだろうと先に申告したんですが
やっぱり「えっっ?!これ本当に大丈夫なんですか?」と。
私もちょっと想像を超えていたので「おぉっ!!」となりました。
そうでなくても頭の時から色々消耗してるので戦える気がしないんです。
そういう風に考えてしまう自分にもイラっとするというか^^;
でも、コメントをもらって「そうだった!相談すれば良かった」と思いました。
見逃さないで声をかけてもらえたことがラッキーですね。
また直接相談に乗って頂けたらと思います。

2020/02/27 (Thu) 00:16